お葬式の流れ

1.ご臨終

まずは菅生葬儀社までご連絡下さい。(24時間受付)
担当者がご指定の場所までお迎えに上がります、ご自宅もしくは当社霊安室までお送りいたします。

2.ご遺体の安置

ご遺体を安置してから必要なロ-ソク、線香、三具足の枕飾りは菅生葬儀社が用意します。
その他、菅生葬儀社のスタッフがサポ-トをいたしますのでご安心下さい。

3.菅生葬儀社との打ち合わせ、お見積もり、喪主をお決め頂きます。

通夜、葬儀の日時は火葬場及び式場の都合もありますので喪主、寺院と菅生葬儀社のスタッフとの間で決定致します。
その他、遺影写真の手配、供花の手配、礼状、粗供養品の手配、料理と飲み物の手配、その他について打ち合わせを行い通夜葬儀の日時と式場が決まりましたら関係先へ連絡します。

■ ご親族、勤務先、友人など関係者の方々に連絡します。
■ 近隣所へのご挨拶。

4.納棺の準備

近親者の手でご遺体をお棺に納めます。
この時お棺の中に故人の愛用品をいっしょに納めます、ただし燃えにくい物、ガラス製品、金属製品、陶器等は入れないように注意して下さい。

5.通夜、葬儀の準備

ご自宅での葬儀の場合、式場の設営に当たり近隣所への挨拶、お部屋の準備、駐車場の確保、冷暖房器具、照明設備等の点検をお願いします。

■ 必要な物は当社が持参いたします。
■ なお式場にて通夜、葬儀を執り行う場合設備等は整っております。
■ 喪服の用意、確認をお願いします。
■ 火葬場へ同行する方を確認し、車の手配をします。

6.通夜

祭壇並びに式場を菅生葬儀社スタッフが設営します。
ご遺族は通夜が始まる2時間前、ご親族は1時間前お集まりいただき、生花、供物などの配列順位と名札の確認をします。

弔問客の受付を行います。
 僧侶により読経並びにご遺族、ご親族の焼香を行います。
 会葬者の焼香を行い、通夜ぶるまい(お清め)として食事と飲み物をもてなします。
 僧侶による読経終了後、通夜の儀式は終了します。
 開式1時間後通夜閉式、ご親族も通夜ぶるまい お清めの席に移ります。
 各お手伝いの方もお清めの席に移ります。

7.葬儀の準備

 火葬場へ同行する方を確認し、車の手配を再確認します。
 初七日法要(精進落し)の料理の数を確認します。
 弔電を整理し奉読の順を決めます。

8.葬儀

 通夜同様ご遺族は2時間前、ご親族は1時間前までにお集まり頂きます。
 僧侶により読経並びに、ご遺族、ご親族の焼香を行います。
 会葬者の焼香を行います。
 僧侶による読経終了後弔電の奉読をし、葬儀式は終了となります。

9.告別式(お別れの儀)

 ご遺族、ご親族、関係者の方はお棺を囲みお花などを入れて故人とのお別れをします。

10.出棺の儀

 出棺前に喪主またはご親族代表の挨拶を行います。
 関係者の方々の手によってお棺を霊柩車まで運びます。
 喪主がお位牌を持ち霊柩車へ同乗します。
 手配した車(自家用車、タクシ-)マイクロバスなどに、僧侶、ご遺族、ご親族、同行する方は乗車し火葬場へ向います。

11.火葬

 火葬場へ到着し、お棺を炉の前に安置し火葬場係員の指示に従って故人との最後のお別れをします。
 火葬にかかる時間は約70分ほどです、収骨される方は係員の連絡があるまで休憩室でお待ち頂きます。

12.お骨上げ

 火葬場係員の指示に従って、ご遺骨は喪主からお骨壺へ納めます。
 お骨を引き渡される際に火葬場係員より埋葬許可書を受け取ります。
 ご自宅または初七日法要(精進落し)の行われる場所へ向かいます。

13.初七日法要

 最近では葬儀当日に初七日法要(くり上げ初七日法要)を執り行います。
 後飾り祭壇に、お遺骨、お位牌、ご遺影を安置し 僧侶にお経をあげて頂きます。

14.精進落し

 食事会場にて喪主が挨拶し、献杯後に 親族、葬儀でお世話になった方々に対してお料理やお酒で労をねぎらいます。
 お食事終了後、粗供養品を出席者にお渡しします。
 精進落し終了後、ご遺族は自宅へ向かいます。

お遺骨、お位牌、ご遺影は四十九日(埋葬)まで後飾り祭壇に安置しておきます。(菅生葬儀社のスタッフも同行致します、ご安心ください。)

TEL:0120-33-0948
メールはこちら
アクセスマップ